So-net無料ブログ作成
検索選択

緑内障闘病記 [みるとん]

5年半ほど前のことですが、

記憶を辿り、

みるとんの

緑内障闘病を

記録しておきたいと

思います。

[犬]

2011年3月20日、

ヒーター前に陣取る

みるとん [黒ハート]

まだ変わった様子は

見られませんでした ↓

P2011_0320_185500.JPG

みるとんは、

2007年4月

崩壊廃業ブリーダーから

レスキューされたとき

すでに、

左耳は掻きすぎて

軟骨化のため立たない、

右目は緑内障の

眼球破裂で白く小さい。

これが、

ペットショップで

売られている子犬たちの

母犬が強いられる

生き地獄です [ちっ(怒った顔)]

2011年4月25日

福島方面に旅行に

でかけました。

その時、

歩き方がおかしいなぁー。。。

くるくる回って

坂を下りたがらない、

ということに

気が付きながらも、

特に気にしなかった

さえもん [ふらふら]

数日後、

ん?もしかして、

眼がよく見えていないのでは??

と思うときがあり、

病院に連れて行きました。

が、折悪く、5月。

病院は駐車場まで

犬猫で

溢れていました。

知識がなかった

さえもんは、

急病じゃないからと思い、

また後日にしようと、

帰ってしまいました。

1週間後の5月11日

やっぱりおかしいので、

再度病院に行き、

告げられたのが

「緑内障」。

眼圧が50mmHgもあり、

(正常値10~25)

点眼薬「キサラタン」を

処方されました。

3日後の14日、

再診。

眼圧は25になったが、

いまだ高め。

獣医曰く、

この病院では

この点眼で

眼圧を抑えていくしか

方法がない

眼圧が上がると

とても痛いから、

抑えられない時は

眼球摘出手術を

した方がよい。

この日から

眼圧との

闘いが始まりました。。。

[犬]

17日

ネットで調べて

眼科のある

森田動物医療センターへ。

眼圧19~20

角膜に傷があるので

まずはその治療をとのこと。

眼圧が上がると

痛いので

眼をこすりつけて

角膜に傷を

つけてしまうそうです。

そういえば、

よく目のあたりを

こすり付けてきていた。。。

点眼薬3種類、

内服2種類。

アラーム設定をしての

昼夜毎日の点眼が

始まった。

20日、 再診。

眼圧30

点眼薬5種類

内服2種類処方される。

[犬]

25日

眼科専門医のいる

埼玉動物医療センターへ

転院。

眼圧21

「原発性慢性緑内障」との診断。

点眼薬 チアブート 1日8回

トリソプト 1日3回

 キサラタン 1日2回

内服薬 ステロイドと胃薬

1週間後の6月1日 再診

眼圧17

落ち着いてきているので

チモロール(チアブート)の回数を

1日6回に減らすことに。

さらに1週間後の8日からは

4回に減らす。

6月16日

通院3回目。

眼圧30

チモロールを6回に

増やす。

30日

通院4回目。

眼圧15

チモロールを1日3回に

減らしていくことに。

7月7日

通院5回目。

黒目に

白いところがあるのを見つけ、

急きょ病院へ。

傷がついているということで、

点眼薬ヒアレイン追加

1日3回

14日

通院6回目

傷がよくなっていない。

このころから

みるとんは

点眼をすごく

嫌がるようになり、

ベッドの下に

潜り込む。

引きずり出して

点眼していたが、

しみて

痛かったんだろうな、

無理矢理しない方が

よかったな、と

後悔しています [もうやだ~(悲しい顔)]

21日

通院7回目

眼圧21

傷が悪化

「難治性角膜潰瘍」

診断され、

外科的治療を行いました。

点眼薬オフサロンと

内服の抗生剤が追加。

27日

通院8回目

眼圧29

角膜の傷は治っている。

8月11日

通院9回目

眼圧26

新しい傷がみつかる [もうやだ~(悲しい顔)]

薬は継続

20日

下痢で病院へ

ついでに眼圧

はかってもらったら、

なんと40!

25日

通院10回目

眼圧28

角膜の傷は治っている。

点眼のし過ぎで

ただれてた瞼の

治療を優先することに。。。

[犬]

このように

必死に闘ってきましたが、

緑内障発症が分かってから

4か月後の9月、

いよいよ

ほとんど眼が見えない様子が

伺えるように

なりました。

あの食いしん坊の

みるとんが、

お座りをさせて、

ごはんを置いて

ヨシを言っても

どこに置いてあるのか

分からないのです [あせあせ(飛び散る汗)]

点眼がしみたり

瞼がただれたり

眼圧が上がると

痛みがあったり。。。

そういう辛さを

なくす方法は

ひとつ、

眼球摘出でした。

しかし、そうすると、

うっすら感じているであろう

明るさもない、

真っ暗闇の世界に

生きることになります。

悩みに悩みましたが、

当時みるとんは

まだ12歳。

痛みに耐えているより

真っ暗に慣れれば

その方がいいに違いないと、

9月末に

眼球を摘出して

義眼を入れる手術を

することを

決意しました。

当日は、

手術が終わったあと、

面会することができました。

病室に入っていくと、

なんとも悲しい

訴えるような鳴き声が。。。

それがまさか、

あの我慢強い

みるとんの声だとは

思いもせず、

そうだと分かったときは

涙がでそうに [ふらふら] [たらーっ(汗)]

名前を呼び掛けると、

鳴き声がぱたっと止み、

起き上がろうとします。

退院は翌日。

心を鬼にして、

翌朝の手作りご飯を渡して

帰りました。

翌日

お迎えに行くと、

朝ごはんをぺろっと

食べたそうで、

みるとんらしいなぁと

嬉しくなりました。

前の日の鳴き声は

麻酔が覚めるときのもので、

よくああいう声を出す

とのこと。

なぁーんだ [わーい(嬉しい顔)]

010.JPG

2011年11月10日

手術から

約1か月半後です。

このころは

まだ喜んでお散歩に

行っていました。

手術してくれた先生は、

義眼とは分からないほど

うまくできたと、

上機嫌でした。

義眼手術後、

楽しみは食べることと

寝ること。

お散歩もあまり

行かなくなり、

鳴くこともなくなりました。

寝ているときに

よく、走っている格好をしたり、

ウオンウオン声を

出したりするように

なりました。

夢の中では

見えているんだろうな。

亡きおじいちゃんと

お散歩に行っている

夢でも

見ているのかなと

よく思っていたものです。

008.JPG

2013年6月12日

ちびにベッドをとられるみるとん

ちびちゃんには

猫パンチを食らうので

絶対に近づかなかったのに、

見えないんだね。。。

このような

変化はありましたが、

相変わらずの

食いしん坊さんで、

食べた後に

小さなぬいぐるみを

咥えて

クークーいいながら

歩き回ることは

続いていました。

根っからの

お母さん犬だったんだよね。

2015年3月2日に

亡くなるまで

約3年半、

真っ暗闇の中で

よくがんばってくれました。

[犬]

みるとんの場合は

右目がもともと

見えなかったのに加えて

左眼を義眼に

という結果、

暗闇の世界に

なってしまったわけです。

眼圧のコントロールが

うまくできたり、

片目は見えていて

生活に支障ない場合も

ありえることを

付け加えさせていただきます。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 4

ラッキー母

さえもんさん、みるとんちゃんの闘病記、
詳しく記載して下さって、ありがとうございます。
辛いことを思い出させてしまい、申し訳ありません。
その経験を私達のために・・・胸に刻み、大切にします。
そのワンコは毛が伸び放題で、ゴアゴアになり
アキレス腱が切れている脚でランニングしている人を
追いかけて来て、保護されたそうです。
私も近所を走っているので、もしワンコが、
私の後を追い駆けて来たら・・・と思うと、
声を上げずにはいられませんでした。
アキレス腱は手術で繋がれたそうです。
右目の角膜に大きな傷があり、
傷が塞がってくると眼圧が一層上昇して・・・
目薬を点しておられるそうですが、右目は見えないそうです。
お見合いして、ワンコが我が家にと合図をしてくれたら、
勇気を持って、お迎えして精一杯の事をしてあげようと、
みるとんちゃんの闘病記を拝見して、強く思いました。
「ペットのおうち」では、ラブ&ラッキーです。
5月くらいになると思いますが、お迎え出来たらログに載せます(*^^*)
その前にも、こちらで、いろいろ教えて頂くこともあるかと思います。
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m




by ラッキー母 (2017-03-04 23:01) 

銀ママ

私もできたら保護犬を、、、と思っていましたが、残念ながら先住犬の性格から無理でした。
(私の対処も悪かったとは思い増す)。
先住犬が天寿を全うしたとき、私が元気であれば是非、犬の成犬を引き取りたいですね。
ペットショップの子犬の親犬の悲惨な状態も私なりに調べ、理解していますが、生まれてきた子犬にも捨てられた犬にも、繁殖犬に使われた犬にも、保健所の犬にも罪はないですよね。皆、幸せになりましょうって生まれてくるんだろうから、、、。だから さえもんのいうとおり、人間の責任なんですよね。私もパピーミル大反対ですが、ペットショップの子犬には「幸せになってね」と保護犬同様に思ってしまいます。
私みたいにきれいごと言っている人はまだまだだと思うから、さえもんの有言実行はすごいですよね。やっぱり、、、
by 銀ママ (2017-03-05 07:24) 

さえもん

ラッキー母さんへ

 おかげで薄れていた記憶を再度掘り起し、記録することができました。
 ログを楽しみにしています。ラッキー君、かわいいですね~❤
by さえもん (2017-03-05 17:19) 

さえもん

銀ママさんへ

 みんなが幸せに、という中には、ワンコたちだけでなく、銀ママさんも含まれているんですよ。銀ママさんがもっと笑顔で語ることができるようになればいいなあ、と思います。。。生意気にゴメンナサイ


by さえもん (2017-03-05 17:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: